千葉県市川市議会議員
会派「無所属の会」
さとうゆきのと申します。

同世代の女性の声を市政に届けたいと思っております!
宜しくお願い致します!

【所属委員会】
・建設経済委員会
・行徳臨海部に関連する特別委員会
・決算審査特別委員会


2022年12月定例会にて一般質問を行いました。

 
①子どもの遊び場について

 0:30~ 

ぴあぱーく妙典の整備や、宮久保プレーパークについて、宮久保6丁目市民広場をプレーパークにすることについて等質問致しました。


②無園児について
12:50~

全国で推計約182万人いるといわれる、就学前に幼稚園や保育園に通っていない子どもについて、本市の人数把握や無園児の認識について、集団行動を学ぶ場として、必要な支援をどのように用意しているか伺いました。


③職員について
17:50~

正規職員の新規採用者の男女割合について、現在の正規職員の男女比について、会計年度任用職員への勤勉手当ての支給について、業務の属人化と身分の固定化の対策について伺いました。

フルタイムとパートタイムの違いについても述べさせていただきました。


 ④節電について
29:25~

政府からの7年ぶりの今冬の節電要請を受け、第1庁舎の節電対策と目標について、本市一般家庭の電力使用量と市民への啓発と目標について伺いました。
一般家庭の使用量は毎年減っていますが、知らない方も多いのではないでしょうか。 


 ⑤宮久保6丁目の未舗装道路について
38:15~

市民広場へ向かう途中の道路について、現状と課題、今後の取り組みについて伺いました。
舗装をすると、自転車やベビーカー、車イスの往来ができるようになり利便性が高まりますが、梨畑の隣なので調査から始められるとのことです。 

 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

2022年9月定例会にて一般質問を行いました

0:36~
①こども館について
こども館の職員数が適切であるのか、小規模な施設での非常時の対応、
中高生の居場所づくりについて伺いました。

12:48~
②会計年度任用職員について
「官製ワーキングプア」ともいわれる市の非常勤職員について、
来年の「3年目公募問題」が迫っている中、行政コスト削減の観点から、
再任用回数の上限の変更について質問しました。

21:15~
③行徳臨海地域について
あいねすとの館内の温度管理、
福栄二丁目バス停からのあいねすとへの道案内について、
市川塩浜駅周辺に保管されている放置自転車のリサイクル販売が出来ないか、質問しました。

41:20~
④大和田公園について
大和田公園の出入口への柵などの安全対策の必要性について、
設置されている電車一両の経緯と案内板の設置について質問しました。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

2022年6月定例会にて一般質問を行いました


1:16〜
新型コロナウイルス感染対策に伴う公共施設の利用について

公共施設の定員数がまん延防止等重点措置解除後も制限が緩和されていないことについて質問致しました。

8:42〜
子どもの権利について

市川市における子どもの権利条約の周知啓発についてや、子どもの権利条例の制定についての考えを伺いました。

15:26〜
ボランティアについて

ボランティア受け入れ団体が減少している現状と認識、今後の取り組みについて伺いました。

20:29〜
ひきこもりについて

市川市において、ひきこもり者数の現状やどのような対応を行っているか、今後の取り組みについて伺いました。

今議会では4つのテーマで質問を行いました。
いずれの質問も前向きなご答弁をいただけたと思います。
今後も、今回のテーマにつきましては注視して参ります。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る
Twitter

Twitter のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Twitter の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Twitter のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

~同世代の女性たちの声を届けたい~

 
 初めまして、さとうゆきのです。皆さんは42名の市議会議員の中に、20代、30代、40代の女性が何人いるかご存じですか?答えはなんと0人です!
  コロナ禍の今、「女性の貧困」が指摘されています。非正規雇用やパートの方が解雇される、シングルマザーがお子さんを抱えて苦しい生活を余儀なくされている、生理用品を買うお金がない…。そんなニュースを連日耳にしますが、将来に不安を抱えて共働きする私にとっても、決して他人事ではありません。そして市川市に住んでからは、高級公用車テスラや市長室のガラス張りシャワーなど村越祐民市長による税金の無駄遣いが数多く報道され、“そんな無駄遣いをするなら、困っている女性をもっと支援できるのではないか!”との問題意識を抱くようになりました。
 そんな折、「男性議員には相談しにくい女性が多い」「30代の女性が必要だ!」と背中を押されました。同世代の女性の声を市政に届ける役割を担いたいと思います。

 

【プロフィール】
1985年3月1日札幌市生まれ(満37歳)、血液型:A型
2003年:北海道立札幌厚別高等学校卒業
2005年:代々木アニメーション学院声優タレント科卒業。18歳の時に上京し、声優を志すも夢破れる。契約社員や派遣社員を経験し、現在はウェブサイト運営に従事。
2019年:結婚を機に市川市大洲に転入。 

  • 動物占い: おおかみ
  • 好きな食べ物: ウニ丼 
  • 好きな動物: 犬(トイプードル)
  • 好きな言葉:来た球を打て!
  • 苦手なもの:ジェットコースター
  • 尊敬する人:田中正造